いっぽ一歩でいいじゃないか

趣味&「うつ」について。うつ体験をいかして生きていこうと思い、日々をつづっています。

My History

ブログの過去記事の題名ををざっと見ていたら、
自分の変遷がちょっとだけ感じられて面白かったです。

1000記事をこえて、
ちょっとした「まとめ」みたいなのがあったらいいかなと思いまして。
自分的まとめサイト…(^^ゞ

☆うつ
精神的ひきこもり
むかしのリアル
服薬するかしないか
自助グループの偉大さ

☆心理学、カウンセリング
加藤諦三語録
加藤諦三語録2
こころの処方箋
ワークショップ

☆たべもの
ザ・手抜きケーキ
冷や汁

☆あみもの
アクリルたわしの作り方(編み図)

☆旅行記
America旅行~風景<海>編
白神山地に行ってきました
京都旅行2日目




スポンサーサイト
  1. 2012/03/18(日) 21:54:21|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「うつ病」のふりかえり

今までの経過をふりかえることは大事だとわかってはいたけれど、
メンドウで今までやっていませんでした。
もう、精神科に通院して7ヶ月目です。
「うつ病患者」としてはまだヒヨコかもしれませんが。
自分なりに今までのことをふりかえってみました。

精神科に通い始め(2005年7月)「もう疲れた」
ため息連発、原因不明の涙。
とりあえず「休息が必要」といわれたけど、素直に休めませんでした。
自分は病気なんかじゃない、なにかの間違いだ、と思っていました。
研究室に行かなきゃいけないのに、なにやってるんだ自分は、という気持ちが強かったです。
薬も効いているとは全然感じられませんでしたが、
少しでも良くなりたかったので言われるとおりに飲んでいました。

とりあえず休む(8月‐9月)「人に会いたくない」
大学なら8、9月は夏休みなので、とりあえず休もうという気になれました。
研究室の人たちとはずーっと音信不通状態。
絶対に家族以外の人には会いたくありませんでした。
趣味にひたすら没頭しました。何かひたすら現実を避けているようでもありました。
ビーズ、編み物、陶芸、ショッピング、アロマテラピーなどいろいろしました。
珍しく、かなりお金を使ったのもこの時期でした。その頃の出費表を見ると驚愕します。

人に会い始めたとき(10月‐11月)「自分は無価値。消えてなくなりたい」
徐々に人に会えるようになったものの、会った後は激しい絶望感に襲われました。
人に会ったとたんに涙が出るなんてこともしょっちゅうでした。
積極的に死にたくはないけど、生きていたくもない。上手い具合に死ねたら幸せ。
安楽死できたらいいなぁと思っていました。いっそのこと消えて無くなりたかったです。
たまに3日間、飲まず食わずで寝込みました。
学校始まったのに、毎日行けていない自分が悲しかったです。
中退・留年も考えましたが、思いとどまって履修届けを出しに行きました。
やっとの思いで研究室に行けたのがこの時期です。
集中力が全くなく、パソコンを開くのさえしんどい時もありました。
また悪くなるんじゃないかという不安(再発不安)、
がんばりたいのにがんばれない自分に対するいらだちがひどかった時期でもありました。
薬の副作用で、ひどい便秘にも悩まされました。

回復期?(12月)「なんだか不完全燃焼」
研究室の先生とやっと会って話せました。
週一回は研究室に行くようになりました。
ふつうに友人に会いにいけるようになりました。
この時期はブログを書きまくっていた覚えが。
家にいることが多く、遠くに出かけることは少なくなりました。
自分はもっと出来るはずなのに出来ない自分がキライでした。
薬が効いている感じが自分でもわかるようになりました。

現在(2006年1月)「出来ることを少しずつやろう」
卒論に向けてぼちぼちがんばっています。
学校に行く日以外はほとんど家にいます。
寝込むことは少なくなりました。
毎日ブログが書けていて、いい感じです。
この先どうなることやら。


幸いというか何というか、自分は今まで、
「リストカット(リスカ)などの自傷行為」
「OD(オーバードーズ:薬物過剰摂取)」
「自殺未遂・自殺」
のいずれも全然なかったのです。
痛いのキライだからリスカや自殺なんて出来なかったし、
ODは薬をつくった人に申し訳ない気がしてしなかったし(理系の意地?)、
なにより自殺は成功しないだろうな~と思っていたので。
今の時代、死ぬのはけっこう大変ですよ。
自殺未遂の人、年間何十万人はいるんじゃないですかね?

自分が「うつ病」になったから、少しは他の「うつ病」の人の気持ちも分かるかもしれません。
でも、全てを理解することは出来ないと思います。
「あなたの気持ち分かるよ」、とは軽々しく口にできません。
だから一般の人には「うつ病」の人を理解することなんて無理なのかもしれません。
でも少しでも多くの人に「うつ病」が理解されるように努力したいなぁと今は思います。

テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/01/23(月) 00:14:35|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:8

自己紹介

自己紹介つくってみました。

<自己紹介>

作者
きどるい(希土類元素よりとったもの。とくに意味はないです)

居住地
埼玉県北部

誕生日/星座/血液型
11月13日/さそり座/A型

職業
学生→無職→フルタイム勤務(クリーンルーム内作業)→フルタイム勤務(品質管理)

趣味・好きなこと
音楽鑑賞(クラシック)、ラジオをきくこと、人の話を聴くこと、ワークショップに参加すること、
試薬をいじること、編み物、ビーズアクセサリー、ブログ更新、ワイン・ウイスキー飲み比べ、、、etc.

好きな食べ物/動物/ラジオ番組/作曲家/タレント/言葉
カレー/うさぎ/テレフォン人生相談/チャイコフスキー/さかなクン/芸は身を助ける、一期一会

特技
書くこと、のんびりすること(^^ゞ

性格
基本マイペース、めんどくさがり屋(物事を効率的に済ませたい)、興味を持ったことは独りでもやる、疲れやすい、
おとなしい(と言われる)、グループでしゃべるのが苦手、夏休みの宿題はギリギリまでやらないタイプ…(^^ゞ

取得資格
普通自動車第一種免許、(←通勤にかなり役立ってます!)
初級シスアド、MOUS上級ワード・エクセル、(←たぶん役立ってるかも…?)
甲種危険物取扱者、毒物劇物取扱者試験合格(←役立ってるような…?)
英検3級、数検3級(←高校のときとりました)


カウンセラーとしてカウンセリングをやってみたいという気持ちもありますが、
いまは職業としてではなく、ボランティアで活動することを考えています。
日常会話からカウンセリングマインドを大事にしていきたいと思っています。
それと、化学分析をやっていたい、いろんな機器を触りたい、試薬いじりたい、という気持ちは変わらず…。


  1. 2005/12/12(月) 19:21:58|
  2. はじめに
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3