FC2ブログ

いっぽ一歩でいいじゃないか

趣味&「うつ」について。うつ体験をいかして生きていこうと思い、日々をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーション技術+説明力

私がカウンセリングの勉強会(レッスン)に参加したキッカケは、
カウンセリングを受けるよりも、自ら勉強したほうが金額が安かったからなんです。

それから、カウンセリングの勉強会を続ける気になったのは、
どんな職業についても生かせると思ったからです。

もともとコミュニケーションがど下手だったので、続けてきて良かったと思っています。



学んでから、変わったこと。


相手の話を否定せず聞くようになったこと、
(この人話長いな~と思っていたのが、話を聞く重要性に気づくと長く感じなくなった)

自分には関係ないと思わずに、すべてのことに関心をもつようになったこと、
(受験、がん、離婚、相続、不倫、部下の育成、セックスレス、介護などなど)

相手の良い変化は積極的に伝えるようになったこと、
(髪型、ちょっとした改善、さりげなくやってくれたことへの感謝、など)

イメージしながら相手の話を聞き、あいづちを入れるようになったこと、
(最も苦手分野です)

適切なタイミングで適度な自己開示をするようになったこと、
(秘密主義だったけれど自己開示の大切さに気づいた)

相手の話を聞いた上でアイメッセージを使うようになったこと、
(例えば、悪口に巻き込まれないために活用している)

相手が口に出さなくてもボディランゲージを積極的に読みとるようになったこと、
(以前は口で言わない人が許せなかったが、自然と相手を観察できるようになった)

雑談を大切にするようになった
(天気、花見、地域の情報、食べ物の好み、季節のイベント、などどうでもいいと思っていたが、
積極的に話すことでコミュニケーションがはかれることがわかった)

相手の話を聞くとき、うなずきや表情で、関心をもっていることや共感している
ということをあらわすようになった
(以前は、表情が変わらなかったり反応が乏しかったりしていた)



コミュニケーションする上で心理学が大事だというのは、
日本語でも英語でも一緒だと思います。


英会話を練習する上でもカウンセリング技術は役立ちます。
英語ができるだけでは英会話はうまくならないと私は思います。

でも、英語の力がないと英会話はうまくならないのは事実。。


最近になって英会話で、
いちばん力をつけたいところはどこかがわかりました。
わたしは英語で「説明力」をつけたいなと思っています。
表現力をつけるより説明力をつけるほうが、やりやすいかなと。

積極的に話題を話し始めるほうではない私にとって、
英語で100個話題を作っておく、というのはいいアイディアだと思いました。


しゃべるときは、正確さよりも、しゃべるタイミングのほうが重要なことが多い気がします。
不完全でもしゃべり出せるようになりたいです。



心理学も英語も、あくまで手段であって、
それらを使ってなにをしたいのかのほうが重要な気がします。

が、したいことはとくに何もないです(^^ゞ


そのうち見つかるといいなー
スポンサーサイト


  1. 2013/03/22(金) 22:52:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<就活うつ、就活自殺 | ホーム | 故障か?ミライース☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://laceprnd.blog36.fc2.com/tb.php/1063-f95a25fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。