FC2ブログ

いっぽ一歩でいいじゃないか

ありのままの自分で生きていこうと思い、日々をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修羅場について

古い手帳をみていました。

加藤諦三語録の一文が目に入りました。
(おそらくテレフォン人生相談の話中で出た言葉です。)

「修羅場がお互いを幸せにする。」
(修羅場を避けてお互いにうまくってことを考えたら皆が不幸になります。)
(解決の意志がある=修羅場を覚悟する)

グサっと心に突き刺さるような言葉に感じられる人もいることでしょう。
でも、私は、簡潔で的を射た言葉に感じられて好きなんですよ。
好みの問題ですね(^^ゞ

類語で
「幸せになるために別れる(離婚する)。」
(離婚してはじめて子どもは幸せになれます。)


その次に気になった言葉は。

「自分にたよって生きる」
どういう人生を歩むにしろ、自分で自分を支えることはもちろん、
いずれは親を支えなければなりません。
私には兄弟姉妹がいないのでこれは必然です。

具体的には、料理ぐらいできないとな…と(^^ゞ
(中学生の時は履歴書の趣味に書けるくらいだったんですけどね…)
食堂のシェフに弟子入りしたいです。
わが職場のお弁当男子に料理のコツを聞いてみよっと。
お料理教室とか行くガラじゃないんで…(^^ゞ


やっぱこれでしょ。
「行動すれば人生はひらけます。」


スポンサーサイト


  1. 2013/09/15(日) 14:22:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ごめんなさい&ありがとう | ホーム | ゼイゼイして無になる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://laceprnd.blog36.fc2.com/tb.php/1076-74f1a5a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。